ボツボツを取りたい!脂漏性角化症なび

脂漏性角化症とイボ対策をまとめました!

HOME » 老化現象なの?脂漏性角化症とは » 原因

原因

脂漏性角化症・老人性いぼができる大きな原因はいったい何なのでしょうか?また、誘発する原因とはどのようなものなのかまとめてみました。

脂漏性角化症・老人性いぼができる原因とは?

脂漏性角化症・老人性いぼの主な原因は、遺伝的要因、日光(紫外線)の影響による皮膚の老化だといわれています。

見ている人

人間の肌(皮膚)は絶えず表皮の新陳代謝であるターンオーバーを繰り返し、新しい細胞を生み出しており、その周期は約28日です。この周期は、早すぎても遅すぎても肌トラブルを引き起こしてしまいます。年齢を経るとターンオーバーは遅くなり、肌に角質が溜まって、くすみやごわつきが出てきてしまうのです。

肌が紫外線を浴びると、真皮に色素が及ばないように表皮でメラニンが作られます。メラニンはターンオーバーによって皮膚表面に押し上げられ、角質と共に垢として排出されます。

しかし、長い期間紫外線を浴びたり、加齢で新陳代謝が衰えたりすると、メラニンが徐々に蓄積し、シミとなってしまうのです。このようなシミを老人性色素斑といい、脂漏性角化症も同じメカニズムで発生します。

肌の摩擦も脂漏性角化症の要因に

慢性の紫外線傷害「光老化」も、脂漏性角化症の原因のひとつとされています。

紫外線が当たると、その防御反応として皮膚が厚くなり、色も濃くなります。さらに真皮にある、皮膚の張りを保つ組織・弾性線維が破壊される光線性弾性線維症という現象が起こることで、それがシミやシワとなって現れるのです。これは、加齢のみではこのような状態になりません。

また、強い摩擦などによって肌トラブルが起こるケースも少なくないのです。たとえば、タオルで顔を強く擦るなどの物理的な摩擦、化学繊維などの肌への刺激が強い服や下着を着用したりすると、発症することがあります。

顔やボディへの過剰なマッサージも注意が必要で、肌を強く押してしまうとシミや脂漏性角化症を引き起こしてしまうのです。

脂漏性角化症の出現、再発を予防するには

脂漏性角化症(老人性いぼ)は、紫外線を大量に浴びてきた人は40~50代から、60代になるとかなりの人に症状が現れます。また遺伝的な要因から、20~30代の人にも出現することがあります。

誰でも高齢になれば出てくる症状とはいえ、発症をできるだけ遅らせたいと思うのは当然のこと。一度治療をした人なら、再発は避けたいと考えるでしょう。

脂漏性角化症を予防するには、いわゆるシミ防止にもつながる下記のような方法を行います。

  • 紫外線対策
    外出時には日焼け止めを塗布し、日傘や帽子などを用いて、紫外線を可能な限りカットする。
  • スキンケア
    肌乾燥で刺激を避けるバリア機能を失わないため、普段から保湿には注意する。メラニン生成を防ぐ美白化粧品、ターンオーバーを正常に整える化粧品を使う。
  • 生活習慣
    肌に悪影響を与える要因であるタバコ、ストレス、睡眠不足などに注意する。日ごろから食事やサプリメントで、ビタミンCやEなどの栄養素の摂取を心がける。

脂漏性角化症の根絶は難しいですが、このようなケアを心がけることで、患部の拡大や発生、再発を抑えることが可能になるのです。