ボツボツを取りたい!脂漏性角化症なび

脂漏性角化症とイボ対策をまとめました!

HOME » 気になる脂漏性角化症・イボ・ボツボツに効果が期待できる成分 » スクワラン

スクワラン

首いぼに効果が期待できるという成分「スクワラン」について調べてみました

首いぼに効果的なスクワランオイル

化粧品などにも多用されているスクワランは、イボ(首いぼ)や脂漏性角化症などにも有益だといわれる天然成分。

サメ

スクワランには深海鮫の肝油を原料とした動物性スクワラン、主にオリーブなどを原料とした植物性スクワラン化学的に合成されたスクワランの3つがあります。通常、化粧品やマッサージオイルに使われているのは動物性、植物性の製品が主体になっているのです。

スクワランはサメの肝臓やオリーブオイル、トウモロコシオイル、大豆油、ベニバナオイル、ぬか油などに含まれる「スクワレン」という成分に水素添加を行って生成します。

スクワレンはもともと人間の皮脂中にも含まれているため、滑性と保湿力に優れていると同時に、人体への悪影響も少なく安心です。

皮膚の老化を抑えるスクワラン

スクワランが高級化粧品の原料をはじめ、いろいろな製品の原料、使用成分となっているのは、以下のような様々なメリットがあるからです。

  • 天然成分で酸化や変質の心配がほとんどないため、安全性が高い。
  • 免疫力を高めてくれる(抗ウイルス、抗アレルギー)。
  • 有害な過酸化脂質が出来るのを防ぐなど、浄化作用がある。
  • 痛みを抑える(漢方では「鮫玉」と呼ばれ、火傷の特効薬として用いられている)。また消炎・鎮痒作用がある。
  • 殺菌・止血作用が期待できる。
  • 細胞の新生・修復を行う。肝臓強化に効能がある。
  • 活性酸素を無害化、細胞老化、紫外線による酸化を防止する。

もともと人体内に存在し、素晴らしい働きをしてくれるスクワランですが、18歳前後を境に徐々に減少します。

お肌や皮膚が年齢とともにトラブルを起こしやすくなるのは、スクワランが減少してしまうためで、脂漏性角化症やイボの発生を促すことになってしまうのです。

スクワランオイルを使用するなら

スクワランオイルは、脂漏性角化症だけでなく、魚の目やタコ、イボに悩む人に適した天然成分として利用している人もいるようです。口コミなどによると、入浴後など、患部を柔らかくしてから塗布すると効果が期待できるそう。

ただし、現在までのところ、スクワランオイルの効能に医学的な根拠はないといわれています。とはいえ、スクワランには細胞の働きを活性化、殺菌・浄化作用などがあるため、効能を得られるケースもあると考えられているのです。

また体質や健康状態によっては効果が出ないこともありますから、使用に関しては皮膚科などの医師に問い合わせるようにしてください。